コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠れ カクレ

デジタル大辞泉の解説

かくれ【隠れ】

人に知られないでいること。
「遂には―あるまじければ」〈平家・一〇〉
ほかから見えない所。物陰。
「物の―よりしばし見ゐたるに」〈徒然・三二〉
尻。
「―に在るをば黒雷(くろいかづち)といふ」〈神代紀・上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かくれ【隠れ】

かくれること。また人に知られないでいること。 「 -場所」
(「おかくれ」の形で)身分の高い人が死去すること。 → おかくれ
〔近世は「かぐれ」とも〕 人に見えない所。ものかげ。 「物の-よりしばし見ゐたるに/徒然 32」 〔外見からは判断できないような、人の性質や好みについて用いることもある。「-肥満」「-宝塚ファン」〕
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

隠れの関連キーワード色の白いは七難隠す待ち伏せ・待伏せ栄耀の隠し食い白日の下に晒す金箔が剝げる世を遁れる人陰・人蔭雉の草隠れ雨夜の星雨夜の月地が出る深山隠れ隠れん坊オカルト隠れ門徒見え隠れ爬羅剔抉巌穴の士世を憚るボミー

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隠れの関連情報