隠遊(読み)かくれあそび

精選版 日本国語大辞典「隠遊」の解説

かくれ‐あそび【隠遊】

〘名〙
※宇津保(970‐999頃)内侍督「『かくれあそびをやし侍らん』ときこえ給へば」
② 人に隠れて遊ぶこと。
※栄花(1028‐92頃)つぼみ花「ともすれば御かくれあそびの程も童げたる心地して」
③ 特に、遊廓などで遊興すること。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉初「おとといから廓(なか)へ引けこんで隠(カク)れあそびをしてゐるといふことを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android