隠坊(読み)おんぼう

  • かくれんぼ
  • かくれんぼう ‥バウ

精選版 日本国語大辞典の解説

※俳諧・俳諧三部抄(1677)中「朝霞山より山にかくれんほ 納戸より猶みよしのの奥〈吉久〉」
〘名〙
① 子供の遊びの一つ。数人が物陰に隠れ、鬼になった一人がそれを捜し出す。かくれあそび。かくれおに。かくれかじか。かくれかんじょう。かくれご。かくれごく。かくれごと。かくれんご。かくれんぼ。
※俳諧・犬子集(1633)五「雲に月かくれんほうか桂のは」
※浄瑠璃・信田小太郎(1702頃)三「サアかくれんぼうに交(まじ)らぬものはあふちやこぶしやかつらのは」
② 人に会わないように隠れること。また、その人。
※人情本・縁結娯色の糸(1839‐48)四「柳さん、何処へ隠(カク)れん坊(バウ)をなさるのだ。些(ちっと)の間も美人の側を、離れては居られない訳かね」
※江戸から東京へ(1925)〈矢田挿雲〉一二「隠(カク)れん坊(ボウ)に宿を貸すといふ法は無之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の隠坊の言及

【火葬】より

…真宗地帯に火葬が多いが,同じ真宗でも土葬のところも多く,真宗の教義に火葬を強制するものはない。火葬の管理人には三昧聖や隠坊(おんぼう)などとよばれる専業のものが当たるところと,葬式組や講員,隣人などがなるところとがある。火葬の普及にともなって,諸国の仏教霊場,高野山や善光寺などへ分骨,納骨が行われるようになった。…

【三昧聖】より

…三昧(墓所)の庵室に居住し,火葬や埋葬,墓所の管理などにあたった俗聖。一般に墓守,御坊(おんぼう)(隠坊)などと称される。墓所が三昧とよばれるようになってからの呼称であろうが,文献上の初見は15世紀はじめに書かれた聖聡の《浄土三国仏祖伝集》で,〈薩生法眼,三昧義を立つ。…

※「隠坊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android