雁が飛べば石亀も地団駄(読み)ガンガトベバイシガメモジダンダ

デジタル大辞泉の解説

雁(がん)が飛べば石亀(いしがめ)も地団駄(じだんだ)

自分の分際も考えないで、むやみに人まねをしようとすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がんがとべばいしがめもじだんだ【雁が飛べば石亀も地団駄】

石亀が、雁が飛ぶのを見て、自分も飛びたいと思って地団駄を踏む意。自分の能力を考えないで他人のまねをしたがるたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android