コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁が飛べば石亀も地団駄 ガンガトベバイシガメモジダンダ

デジタル大辞泉の解説

雁(がん)が飛べば石亀(いしがめ)も地団駄(じだんだ)

自分の分際も考えないで、むやみに人まねをしようとすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がんがとべばいしがめもじだんだ【雁が飛べば石亀も地団駄】

石亀が、雁が飛ぶのを見て、自分も飛びたいと思って地団駄を踏む意。自分の能力を考えないで他人のまねをしたがるたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雁が飛べば石亀も地団駄の関連キーワード雁・鴈たとえ地団駄石亀

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android