コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁木玉 ガンギダマ

2件 の用語解説(雁木玉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がんぎ‐だま【×雁木玉】

古墳時代の装飾用のガラス玉で、表面にしま模様があるもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の雁木玉の言及

【ガラス玉】より

…また,ガラス丸玉の表面に,ちがった色のガラス片を溶着したものをトンボ玉といい,正倉院宝物中の横縞文様のガラス玉もトンボ玉にふくめている。しかし,古墳出土の縦縞文様のガラス玉は,雁木玉と呼ぶことがある。さらに,古墳時代のガラス玉には,透明な丸玉の内壁に金箔を付着させた,金色に見えるものもあるが,これは日本製ではあるまい。…

※「雁木玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雁木玉の関連情報