コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集水埋渠 しゅうすいまいきょinfiltration gallery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集水埋渠
しゅうすいまいきょ
infiltration gallery

上水道の水源の一つとして浅いところの地下水伏流水を取水するための地下施設。地下水の豊富な河川や湖沼の水,湧水や浸透水などを取水するときにも利用する。取水には有孔パイプなどを使用する。管のまわりに玉石,砂利,砂の各層を順に設ける。地下水は高度の浄水施設を必要としない場合が多く,しかも水量はそれほど大きくないから,小規模の上水道の水源に適している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

集水埋渠の関連キーワード井戸

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android