コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雉の尾羊歯 キジノオシダ

デジタル大辞泉の解説

きじのお‐しだ〔きじのを‐〕【×雉の尾羊歯】

キジノオシダ科の常緑多年生のシダ。暖地の樹林下に生える。高さ約60センチ。塊状根茎から葉を束生し、栄養葉は羽状に分かれている。胞子葉は直立し、線形羽片胞子嚢(ほうしのう)群が線状につく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きじのおしだ【雉の尾羊歯】

キジノオシダ科の常緑性シダ植物。暖地の山中に生える。根茎は太く、葉は根生し、長さ約50センチメートルで、羽状に全裂する。胞子葉は細長く、密に胞子囊のうをつける。キジノオ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雉の尾羊歯の関連キーワードキジノオシダ科根生胞子