コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波皇子 なにわのおうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

難波皇子 なにわのおうじ

?-? 6世紀末ごろ,敏達(びだつ)天皇の皇子。
母は老女子夫人(おみなごのおおとじ)。「日本書紀」によれば,崇峻(すしゅん)天皇2年(589)蘇我馬子(そがの-うまこ)に味方して軍をすすめ物部守屋(もののべの-もりや)を討つ。路真人(みちの-まひと),守山真人,甘南備(かんなびの)真人らの祖。「古事記」では難波王とかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone