コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波皇子 なにわのおうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

難波皇子 なにわのおうじ

?-? 6世紀末ごろ,敏達(びだつ)天皇の皇子。
母は老女子夫人(おみなごのおおとじ)。「日本書紀」によれば,崇峻(すしゅん)天皇2年(589)蘇我馬子(そがの-うまこ)に味方して軍をすすめ物部守屋(もののべの-もりや)を討つ。路真人(みちの-まひと),守山真人,甘南備(かんなびの)真人らの祖。「古事記」では難波王とかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

難波皇子の関連キーワード千栗八幡宮栗隈王皇子

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android