コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨羽織 アマバオリ

大辞林 第三版の解説

あまばおり【雨羽織】

雨の降る時に着る、木綿・羅紗ラシヤなどで作った羽織。天胴服あまどうふく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の雨羽織の言及

【コート】より

…【池田 孝江】
[和装のコート]
 防寒・防雨上の外衣としては,江戸時代に入ってから用いられていた袖のついた前を打ち合わせる形式のものと,古来より用いられていたみの(蓑)のような袖のないマント形式のものがある。前者は雨羽織,じうりん,木綿合羽などと呼び胴服から起こった。ラシャ,琥珀(こはく),斜子(ななこ)織,芭蕉布などで作られ,袖合羽,長合羽,半合羽,鷹匠合羽などがあった(合羽)。…

※「雨羽織」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雨羽織の関連キーワード雨降り

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android