コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪あられ ゆきあられsnow pellets

翻訳|snow pellets

2件 の用語解説(雪あられの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雪あられ
ゆきあられ
snow pellets

白色で不透明な氷の粒の降水。雪の結晶に微細な氷の粒(雲粒)が付着して,結晶の原形がわからなくなったもの。粒は球状か円錐状,直径は約 2~5mmで,もろくて容易につぶれる。単にあられ(霰)と呼ばれることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪あられ
ゆきあられ

普通、単に「あられ」ともいわれる。対流性の雲から降る白色不透明な氷の粒。もろくて、固い地面に落ちると、弾んで壊れる。よくみると、ごく小さい氷の粒がくっつきあっているのがわかる。地上気温が0℃前後のとき、普通の雪が降る前に降ることも少なくない[篠原武次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の雪あられの言及

【あられ(霰)】より

…雲の中で雪の結晶や凍結した水滴に過冷却した微小な水滴(雲粒)が次々に衝突して凍りつくと,大きさが数mmの柔らかくてもろい白色不透明の球形あるいは円錐形の氷の粒となる。これがあられ(気象学では雪あられという)で,にわか雪のときなどに音を立てて降る。あられは初冬のころ本州の太平洋沿岸地方で降ることもあるが,日本海沿岸地方では冬の間を通じて降る。…

※「雪あられ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone