雪代水(読み)ゆきしろみず

  • ゆきしろみず ‥みづ

とっさの日本語便利帳の解説

単に雪代といってもよい。雪汁の転で、雪解けのこと。富士山から流れ出した水は、主に富士川、精進川、笛吹川、音無川などに流れ込むが、それを雪解け川という。
日光の休まず照らす雪解川\飯田龍太
春の日に照らされて軒から落ちるのを雪解けしずくといい、煙ったり、きらびやかな光景を現出する。
雪国の雪解点滴深く穿つ\森澄雄
雪代、雪代水は川、海、湖などへどっと流れ出し野原へ溢れることがある。これによって海が濁ることを雪にごりという。気温と風の関係で、雪解けが煙り靄(もや)を発生させることもある。
オホツクのかかるやさしき雪解靄\伊藤彩雪

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 雪がとけてできた水。雪汁。雪代。《季・春》
※義経記(室町中か)五「下を見れば三大歴々とある紅蓮(ぐれん)の淵、水上は遠し、ゆきしろ水に増りて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android