コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅蓮 グレン

3件 の用語解説(紅蓮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぐ‐れん【×蓮】

紅色の蓮(はす)の花。紅蓮華(ぐれんげ)。
「―白蓮の香(におい)ゆかしく」〈露伴五重塔
紅蓮地獄」の略。
燃え盛る炎の色のたとえ。「紅蓮の炎」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぐれん【紅蓮】

盛んに燃え上がる炎の色にいう語。「紅蓮地獄」を紅の炎の燃え立つ所と誤認したところからいう。まっか。 「 -の炎」
〘仏〙 紅色の蓮はすの花。紅蓮華ぐれんげ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紅蓮
ぐれん

もと仏教語で、紅色のハス(蓮)の花のこと。サンスクリット語padmaパドマ)といい、仏典では鉢特摩とも音訳する。また、八寒(はちかん)地獄の第7番目「紅蓮地獄」を略して紅蓮とよぶ。この地獄に落ちた者は、酷寒のために皮肉がはじけ裂けて血に染まり、紅色のハスの花の様相を呈するので、この名がある。この地獄よりさらに寒さと苦痛の大きい地獄が、第8番目の「大紅蓮」である。後世には、花を炎に見立てて猛火の形容として用いる。[藤井教公]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅蓮の関連キーワード蓮華紅蓮地獄青蓮華大紅蓮地獄散り蓮華八葉の蓮紅蓮の井戸掘り四華八葉の蓮華尚紅蓮

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紅蓮の関連情報