紅蓮(読み)ぐれん

精選版 日本国語大辞典 「紅蓮」の意味・読み・例文・類語

ぐ‐れん【紅蓮】

〘名〙
※俳諧・山の井(1648)夏「蓮 白蓮 紅蓮」
猛火の炎のたとえ。
太平記(14C後)一八「紅蓮(グレン)の如くなる人の舌一つ、土の底に有て」
真紅の色をたとえていう。
※応仁略記(1467‐70頃か)下「和光瑞籬測らずも血を流せる属穢となり、紅蓮の濁水神前に湛へたり」
※愚迷発心集(1213頃)「寒風膚を徹(とほ)す暁は、紅蓮罪苦の氷を畏べし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「紅蓮」の意味・読み・例文・類語

ぐ‐れん【×蓮】

紅色はすの花。紅蓮華ぐれんげ
「―白蓮のにおいゆかしく」〈露伴五重塔
紅蓮地獄」の略。
燃え盛る炎の色のたとえ。「紅蓮の炎」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「紅蓮」の意味・わかりやすい解説

紅蓮
ぐれん

もと仏教語で、紅色のハス(蓮)の花のこと。サンスクリット語padmaパドマ)といい、仏典では鉢特摩とも音訳する。また、八寒(はちかん)地獄の第7番目「紅蓮地獄」を略して紅蓮とよぶ。この地獄に落ちた者は、酷寒のために皮肉がはじけ裂けて血に染まり、紅色のハスの花の様相を呈するので、この名がある。この地獄よりさらに寒さと苦痛の大きい地獄が、第8番目の「大紅蓮」である。後世には、花を炎に見立てて猛火の形容として用いる。

[藤井教公]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

普及版 字通 「紅蓮」の読み・字形・画数・意味

【紅蓮】こうれん

赤い蓮。

字通「紅」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android