コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪巌 せつがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雪巌 せつがん

?-? 江戸時代中期の僧,漢詩人。
江戸上野の寛永寺で修行のかたわら,服部南郭,高野蘭亭(らんてい)に詩をまなぶ。天台宗から浄土真宗に転じ,明和5年(1768)ごろ還俗(げんぞく)。文人僧として知られた。武蔵(むさし)足立郡宮本(埼玉県)出身。法名は実順。字(あざな)は覚道,覚瑞。別号に玩世道人。著作に「唐詩訳説」「浄土百詠」「閑居放言」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

雪巌の関連キーワード無準師範(ぶじゅんしはん)野本雪巌万松行秀

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android