放言(読み)ホウゲン

デジタル大辞泉の解説

ほう‐げん〔ハウ‐〕【放言】

[名](スル)他への影響などを考えずに、思ったままを口に出すこと。無責任な発言。「放言して世の顰蹙(ひんしゅく)を買う」「放言癖のある大臣」

ほう‐ごん〔ハウ‐〕【放言】

ほうげん(放言)」に同じ。
「極まりなき―しつと」〈徒然・一〇六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうげん【放言】

( 名 ) スル
思ったままを言い放つこと。また、不用意になされる無責任な発言。放語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐げん ハウ‥【放言】

〘名〙 思いのままに言い散らすこと。勝手なことを言うこと。無責任な発言をすること。また、そのことば。ほうごん。放語。〔文明本節用集(室町中)〕
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉一「東洋文明の命運は唯一の墳墓ある而已と放言したれども」 〔論語‐微子〕

ほう‐ごん ハウ‥【放言】

※御堂関白記‐長和元年(1012)五月二三日「壇那院上方有放言僧

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放言の関連情報