コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪竇重顕 せっちょうちょうけん

2件 の用語解説(雪竇重顕の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雪竇重顕
せっちょうじゅうけん

重顕」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪竇重顕
せっちょうじゅうけん
(980―1052)

中国、北宋(ほくそう)代の禅僧。雲門宗の中興の祖。賜号は明覚大師(みょうかくだいし)。字(あざな)は隠之(いんし)、諱(いみな)を沖顕(ちゅうけん)ともいう。俗姓は李(り)氏。遂州(すいしゅう)(四川(しせん)省)の人。益州(えきしゅう)(四川省)普安院の仁銑(じんせん)の下で出家。大慈寺元瑩(げんえい)、石門蘊聡(うんそう)に参じ、智門光祚(ちもんこうそ)に嗣法(しほう)する。蘇州(そしゅう)(江蘇(こうそ)省)洞庭翠峯(すいほう)に住し、ついで雪竇山資聖寺(ししょうじ)に住すること30余年、雲門宗の復興を果たした。詩文に優れ、『頌古百則(じゅこひゃくそく)』は禅の歴史に大きな影響を与え、圜悟克勤(えんごこくごん)が評唱を加えて『碧巌録(へきがんろく)』となった。皇祐(こうゆう)4年6月10日示寂。『語録』6巻がある。[石井修道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雪竇重顕の言及

【重顕】より

…雲門宗第5世。明覚大師,雪竇(せつちよう)重顕ともいう。四川の遂州の人。…

※「雪竇重顕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone