雪竇重顕(読み)せっちょうちょうけん

  • 980―1052
  • せっちょうじゅうけん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国、北宋(ほくそう)代の禅僧。雲門宗の中興の祖。賜号は明覚大師(みょうかくだいし)。字(あざな)は隠之(いんし)、諱(いみな)を沖顕(ちゅうけん)ともいう。俗姓は李(り)氏。遂州(すいしゅう)(四川(しせん)省)の人。益州(えきしゅう)(四川省)普安院の仁銑(じんせん)の下で出家。大慈寺元瑩(げんえい)、石門蘊聡(うんそう)に参じ、智門光祚(ちもんこうそ)(950ころ―1030ころ)に嗣法(しほう)する。蘇州(そしゅう)(江蘇(こうそ)省)洞庭翠峯(すいほう)に住し、ついで雪竇山資聖寺(ししょうじ)に住すること30余年、雲門宗の復興を果たした。詩文に優れ、『頌古百則(じゅこひゃくそく)』は禅の歴史に大きな影響を与え、圜悟克勤(えんごこくごん)が評唱を加えて『碧巌録(へきがんろく)』となった。皇祐(こうゆう)4年6月10日示寂。『語録』6巻がある。

[石井修道 2017年2月16日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の雪竇重顕の言及

【重顕】より

…雲門宗第5世。明覚大師,雪竇(せつちよう)重顕ともいう。四川の遂州の人。…

※「雪竇重顕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android