コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪間 ユキマ

デジタル大辞泉の解説

ゆき‐ま【雪間】

雪が降りやんでいる時。雪の晴れ間。
積もった雪のところどころ消えた所。 春》「辻待(つじまち)の車置いたる―かな/紅葉
雪の降っている中。雪の降り積もった中。
「降りやまぬ―梅のつぼみ笠(がさ)思ふ心のいつかひらけん」〈新撰六帖・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆきま【雪間】

雪がしばらく降りやんでいる時。雪の晴れま。
冬の間降り積もっていた雪の、ところどころ消えてきた箇所。雪の隙ひま[季] 春。 「 -草」
積もった雪の中。雪の降っている間。 「 -に素足/浄瑠璃・寿の門松」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雪間の関連キーワード野村望東尼(のむらもとに)岸沢式佐(5代)武者小路千家坂本周斎出替はる彼岸参り岡 麓雪の隙下消ゆ浄瑠璃潮越し山姥物わび山姥岡麓独活

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android