コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲の扇 クモノオウギ

デジタル大辞泉の解説

くも‐の‐おうぎ〔‐あふぎ〕【雲の扇】

能の型の一。左手前方に出して、開いた右手に持ってその上に重ね、扇を斜め上方に、左手を斜め下方に引き分けるもの。遠方や空を見るときの動作。天の扇。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くものおうぎ【雲の扇】

能の型。広げた扇と左手とを顔の前で重ね合わせ、扇を右斜め上に、左手を左斜め下に引き離すと同時に斜め上方を見る。遠くを見る表現。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android