コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲の扇 クモノオウギ

2件 の用語解説(雲の扇の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くも‐の‐おうぎ〔‐あふぎ〕【雲の扇】

能の型の一。左手を前方に出して、開いた扇を右手に持ってその上に重ね、扇を斜め上方に、左手を斜め下方に引き分けるもの。遠方や空を見るときの動作。天の扇。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くものおうぎ【雲の扇】

能の型。広げた扇と左手とを顔の前で重ね合わせ、扇を右斜め上に、左手を左斜め下に引き離すと同時に斜め上方を見る。遠くを見る表現。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雲の扇の関連キーワード狐拳上扇雲竜型抱え扇霞の扇出し桁達拝扇蟹差し扇一本背負い投げ

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone