コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲州名物 うんしゅうめいぶつ

大辞林 第三版の解説

うんしゅうめいぶつ【雲州名物】

松江藩主松平不昧ふまいの収集茶道具。不昧が嗣子月潭に譲るために記した道具帳に記されるもの。名物道具のランクの一つ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雲州名物
うんしゅうめいぶつ

出雲(いずも)国(島根県)松江藩主松平出雲守治郷(いずものかみはるさと)が収集した名物道具の総称。不昧(ふまい)の名で知られる治郷は1751年(宝暦1)に生まれ、20歳で父の退隠によって18万6000石を襲封するや、家老朝日丹波守(たんばのかみ)の補佐を受けて藩政改革に着手した。後年になると茶道執心が高じて大茶園を開いたり、名物収集に努め、白酔庵(はくすいあん)芳村観阿(よしむらかんあ)、江戸の道具商伏見屋甚右衛門(ふしみやじんえもん)、大坂の谷松屋権兵衛らの協力を得て江戸深川の大材木商冬木(ふゆき)家の道具を中心にした名器を入手し、さらに酒井宗雅(そうが)の酒井家名物の大半が譲られた。これらの名物は、宝物、大名物(おおめいぶつ)、中興名物(ちゅうこうめいぶつ)、名物並(めいぶつなみ)、名物上の五部の品位に格づけ分類され『雲州名物帳』(雲州蔵帳)として残されている。[筒井紘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

雲州名物の関連キーワード松平治郷雲州蔵帳ランクいずも名物

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android