コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲照律師 うんしょう りっし

2件 の用語解説(雲照律師の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

雲照律師

真言宗の僧。仁和寺三十三世。大僧正。出雲生。姓は渡辺、字は大雄。高野山に学ぶ。明治維新に伴う廃仏毀釈に際して仏教復興に奔走、また慈雲尊者が提唱した十善戒の戒律運動の普及につとめた。明治時代を通じて仏教界第一の傑僧と称せられる。明治42年(1909)寂、83才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

雲照律師【うんしょうりっし】

真言宗の僧。島根県の人。俗姓渡辺。慈雲(じうん)につき得度。のち高野(こうや)山に入り,真言律を復興。高野の女人解禁と廃仏毀釈(きしゃく)に反対した。京都勧修(かんしゅう)寺,仁和寺(にんなじ)の門跡を経て,東京で十善会,目白僧堂を主宰して青年・婦人教育に尽力し,那須(なす)野に雲照(うんしょう)寺を創建。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

雲照律師の関連キーワード阿波閑々子順翁紹応瑜伽乗院亮深上月諦了新義真言宗古義真言宗正法律佐和文智土師原穆秀原心猛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雲照律師の関連情報