コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲照 ウンショウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲照 うんしょう

1827-1909 江戸後期-明治時代の僧。
文政10年3月20日生まれ。天保(てんぽう)7年出家,高野山で真言密教をまなぶ。明治の廃仏に反対し,戒律主義による仏教の復興につとめた。明治20年目白僧園を設立。十善会,夫人正法会をおこし,「十善宝窟」「法の母」を発刊した。32年仁和寺(にんなじ)門跡(もんぜき)。明治42年4月13日死去。83歳。出雲(いずも)(島根県)出身。俗姓は渡辺。字(あざな)は大雄。著作に「仏教大意」「十善大意」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

雲照

没年:明治42.4.13(1909)
生年:文政10.3.20(1827.4.15)
幕末から明治時代の真言宗の僧。釈雲照ともいう。出雲国神門郡(島根県出雲市)生まれ。高野山に登り密教教学と激烈な修行に精進。明治維新に伴う廃仏毀釈に遭遇し,戒律遵守を旗印に東西を奔走して仏教復興に邁進した。明治7(1874)年以降は東京を拠点に様々な活動を展開。同20年目白僧園に十善会を設立し,江戸後期に慈雲が提唱した戒律運動たる十善戒こそ近代日本の道徳たりうるとして,その普及に努めた。同23年に機関紙『十善宝窟』を,また同26年には女性教化のために『法の母』を発刊。晩年は日露戦争における双方の戦死者の供養などで中国東北部,朝鮮をはじめ各地を巡錫した。著書は多数を数えるが,『大日本国教論』(1881)には国教の必要が欧米キリスト教国から指摘されたとの文言があり,国家神道の成立を考えるうえで注目される。

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

うんしょう【雲照】

1827~1909) 幕末・明治期の真言宗の僧。出雲の人。姓は渡辺。高野山などに学び、真言律を復興。廃仏毀釈はいぶつきしやくの際には仏教の復興に努め、東京に目白僧園を開き、青年教育を行う。また、那須に雲照寺を建立。仁和寺門跡。著「仏教大意」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

雲照の関連キーワード興然(1)種智院大学浦上 隆応頼富 実毅田中舎身石川寒厳頼富実毅奥愛次郎草繋全宜渡辺雲照那須やく興然建立

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲照の関連情報