那須(読み)なす

日本大百科全書(ニッポニカ)「那須」の解説

那須
なす

栃木県北東部、那珂川(なかがわ)上流の流域を一般に那須と総称する。広狭、種々の意味で用いられる。(1)那珂川上流の流域は古代に那須国とよばれたが、大化改新のとき下毛野(しもつけぬ)国に統合され、那須郡となった。この範囲を那須とよぶ。だいたいいまの大田原・那須塩原・那須烏山(なすからすやま)の3市と那須郡那須、那珂川(なかがわ)の2町の範囲である。なお1982年(昭和57)塩谷(しおや)郡塩原町(現、那須塩原市)が、那須郡に編入された。(2)那須火山群の南東に広がる那須高原は、ほぼ大丸(おおまる)温泉と国道4号との間の形領域で、これも那須とよばれる。(3)日光国立公園のうち、那須温泉郷を中心に栃木・福島両県にわたる領域も那須とよばれる。(4)那須郡那須町のこと。

奥田 久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「那須」の解説

なす【那須】

[一] 栃木県(下野国)北部、那珂川上流域にある郡の名。古くは那須国があり、国造が置かれていた。大化改新のときに下野(しもつけ)国に統合されて那須郡となる。
[二] 栃木県北東部の地名。中心地の芦野は江戸時代、奥州街道の鍋掛(越堀)と白坂の間の宿駅として発達。林野が広く、酪農や野菜の栽培が行なわれ、那須温泉郷がある。
[三] 狂言。能「八島」の替間(かえあい)大蔵・和泉流。八島の合戦で那須の与一が扇のを射たことを仕方話で演ずる。現行曲名は大蔵流では「那須」、和泉流では「奈須語」。「狂言記」では「なすの与一」。

なす【那須】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「那須」の解説

なす【那須】[地名]

栃木県北東部、那須郡の地名。中心の芦野はもと奥州街道宿場町牧牛が盛ん。北西部に那須温泉郷がある。
栃木県北部、那珂なか上流地域の称。古代は那須国があった。

なす【那須】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「那須」姓の人物
那須与一なすのよいち
那須正幹なすまさもと

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android