コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高野 たかの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高野
たかの

広島県北東部,庄原市北西部の旧町域。島根県と境を接する中国山地内にある。 1955年上高野山村と下高野山村が合体して町制。 2005年庄原市,総領町,西城町,東城町,口和町,比和町の1市5町と合体して庄原市となった。冬季の積雪が多く,年間を通して三次市や庄原市街地からの交通は不便であるが,神野瀬川の高暮ダムには訪れる人が多い。米,高冷地野菜,果樹が生産される。国指定重要文化財の堀江家住宅がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうや〔カウヤ〕【高野】

和歌山県の高野山のこと。また、そこにある金剛峰寺(こんごうぶじ)真言宗弘法大師などをさす。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうや【高野】

「高野山」の略。
和歌山県北東部、伊都郡の町。高野山で知られ、真言宗の金剛峰寺こんごうぶじを中心に寺院・宿坊が多い。

たかの【高野】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高野
たかの

広島県北東部、比婆(ひば)郡にあった旧町名(高野町(ちょう))。現在は庄原(しょうばら)市の一地区。旧高野町は1955年(昭和30)上高野山、下高野山の2村が合併して町制施行。2005年(平成17)庄原市に合併。国道432号が王貫峠(おうぬきだわ)を越えて島根県へ通じている。周囲は中国山地の脊梁(せきりょう)部をなす大万木山(おおよろぎさん)(1218メートル)、猿政(さるまさ)山などの山々がそびえ、山間の新市(しんいち)盆地が中心地で、江の川(ごうのかわ)の支流神野瀬(かんのせ)川が西流している。高冷地で雪も多く、水田単作地帯である。ダイコン、ホウレンソウ、リンゴ栽培などや畜産、林業などが行われる。旧町域南西部に高暮(こうぼ)ダムとその貯水池(神之瀬湖)がある。堀江家住宅は16世紀の建造とされる入母屋(いりもや)造農家で、国指定重要文化財。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高野の関連キーワード和歌山県伊都郡高野町杖ケ薮和歌山県伊都郡高野町東富貴和歌山県伊都郡高野町中筒香和歌山県伊都郡高野町西ケ峰和歌山県伊都郡高野町相ノ浦和歌山県伊都郡高野町上筒香和歌山県伊都郡高野町西富貴和歌山県伊都郡高野町下筒香和歌山県伊都郡高野町細川和歌山県伊都郡高野町平原和歌山県伊都郡高野町湯川和歌山県伊都郡高野町大滝和歌山県伊都郡高野町樫原和歌山県伊都郡高野町東又和歌山県伊都郡高野町西郷和歌山県伊都郡高野町花坂和歌山県伊都郡高野町林和歌山県伊都郡高野町南滋賀県栗東市高野和歌山県伊都郡

高野の関連情報