コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲竜紙

デジタル大辞泉プラスの解説

雲竜紙

福井県越前市で生産される「越前和紙」のひとつ。手でちぎったコウゾの繊維を漉き入れた和紙で、大正期から生産が始まった。「雲龍紙」とも。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

うんりゅう‐し【雲竜紙】

細長い繊維をすき込んで、雲のような模様をあらわした紙。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本文化いろは事典の解説

雲竜紙

手でちぎった〔こうぞ〕の長い繊維を地紙(※1)に散らせて雲のような模様をあらわしている紙を、雲竜紙と呼びます。大典紙〔たいてんし〕、筋入り紙とも呼ばれてます。着色した繊維を用いるものを色雲竜紙、数種類の着色繊維を用いるものを多色雲竜紙といいます。

出典|シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について | 情報

世界大百科事典内の雲竜紙の言及

【和紙】より

…打曇は紙の天地にたなびく雲のようにかかり,飛雲は紙のあちこちに浮遊する雲のようにかける。(2)雲竜紙(うんりゆうし)(雲紙(くもがみ)) 着色した繊維や手ちぎりの長い繊維で漉いた紙で,水の変化のある動きが長い繊維にあらわれる。短い繊維のミツマタ等を使えば雲肌紙(くもはだがみ)となる。…

※「雲竜紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雲竜紙の関連キーワード福井県越前市

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲竜紙の関連情報