コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲謡集 うんようしゅうYun-yao-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲謡集
うんようしゅう
Yun-yao-ji

中国,唐の集。編者未詳。晩唐時の写本敦煌 (とんこう) で発見されたいわゆる敦煌文書のなかにあったもの。盛唐時の作と推定される作者名の記されていない詞 30首が収められ,詞の起源,発展を考察するうえでの貴重な資料となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うんようしゅう【雲謡集 Yún yáo jí】

中国,唐代の末に編集された〈曲子詞(民間歌謡)〉の選集。20世紀初めに敦煌から発見された唐代写本(スタイン1441号とペリオ2838号)に計32首を存する。すべて無名の作者によるもので,次の五代のときに編まれた《花間集》の洗練された作風とは違って,素朴純情な歌いぶりがかえって感動を誘う。多くの校訂本のなかで,潘重規の《敦煌雲謡集新書》(台北,1977)が最もすぐれている。【入矢 義高】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android