敦煌文書(読み)とんこうもんじょ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

敦煌文書
とんこうもんじょ

敦煌千仏洞(莫高窟(ばっこうくつ))の第17窟(くつ)に封蔵されていた数万点の古文献。19世紀末に道士の王円(えんろく)により発見され、1907年オーレル・スタイン、翌年ポール・ペリオが相次いで王道士から大量に買収し、イギリス、フランスに持ち出され、広く世界に知られた。残部は北京(ぺキン)図書館に収蔵されたが、一部民間に流れたものや、大谷探検隊の橘瑞超(たちばなずいちょう)により日本へ、またオルデンブルグによりロシアへもたらされたものもある。4~11世紀初めにわたる写本を主体とし、数十点の印刷物を含む。全体の8、9割は漢文で、チベット文が次に多く、ほかは数百点の古代トルコ文、ホータン文、ソグド文、サンスクリットなどである。内容は大部分仏教文献で、とくにおびただしい供養経が大宗を占めるとはいえ、古逸典籍も多く含まれ、儒教、道教のテキストや四部(書籍の四分類、経・史・子・集)にわたる貴重書も少なくない。中国や中央アジアでは古代の写本が伝存されたものはほとんどなく、このように大量の集積が突然出現したことは驚異的大事件であり、その研究は「敦煌学」とよばれ、学界の関心を集めてきた。
 敦煌文書は本来貴重資料を保存したものではなく、寺院の経蔵や文書庫から不要となって退蔵されたもので、ほとんど断片であるが、伝来文献ではうかがわれぬ古代庶民の日常生活の諸相を生き生きと伝えるものが多い。寺院や公私の文書、契約、会計録のほか社の文書、通俗文学の語り物、変文など、社会経済史・文化史の第一等資料の宝庫といってよい。[池田 温]
『神田喜一郎著『敦煌学五十年』(1960・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の敦煌文書の言及

【古文書学】より

…ところが20世紀に入って,膨大な古文書群があいついで発見された。すなわち(1)殷代で占いに使われた甲骨文,(2)漢・晋の木簡,とくに西北辺境の居延から出土した居延漢簡,(3)4~11世紀初の敦煌文書および西域文書,なかでも6~8世紀のトゥルファン文書,(4)清朝宮廷に保管されていた公文書類,いわゆる明清檔案(とうあん)である。いずれも発見されるごとに学界の注目を集め,多数の学者が研究を行い,甲骨学,簡牘(かんどく)学,敦煌学という名称も生まれた。…

※「敦煌文書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

敦煌文書の関連情報