コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選集 センシュウ

デジタル大辞泉の解説

せん‐しゅう〔‐シフ〕【選集】

個人または複数著作者作品の中から、代表的なものを選んで編集した書物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せんしゅう【選集】

多くの作品、あるいは個人の作品からいくつかえらび集めて作った書物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

選集

1人の著者か複数の著者かを問わず,多くの著作から代表的なものを選び収録した図書.1著者の著作に限定したものは個人選集あるいは著作集と呼ばれる.1冊または同一体裁の複数冊で刊行される.「アンソロジー」は選集一般と同義にも使われるが,特に,一定の主題,形式の文学作品の選集,あるいは美しい詩や文章の抜粋集を指すことが多い.後者の場合は詞華集(しかしゅう)ともいう.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

選集の関連キーワードメレアグロス(古代ギリシアの詩人)ボークス・オブ・ハローデンフィルムは生きている井筒屋庄兵衛(2代)クイラー・クーチG. イワーノフヘクサビブロス江戸川乱歩文庫ギリシア詞華集ハルメノプロスエンゼルの丘石垣りん詩集吉岡 たすくブランデン和漢朗詠集宮原 敏夫河岳英霊集渋沢竜彦増田 渉竹友藻風

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

選集の関連情報