選集(読み)センシュウ

大辞林 第三版の解説

せんしゅう【選集】

多くの作品、あるいは個人の作品からいくつかえらび集めて作った書物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

選集

1人の著者か複数の著者かを問わず,多くの著作から代表的なものを選び収録した図書.1著者の著作に限定したものは個人選集あるいは著作集と呼ばれる.1冊または同一体裁の複数冊で刊行される.「アンソロジー」は選集一般と同義にも使われるが,特に,一定の主題,形式の文学作品の選集,あるいは美しい詩や文章の抜粋集を指すことが多い.後者の場合は詞華集(しかしゅう)ともいう.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

選集の関連情報