選集(読み)センシュウ

大辞林 第三版の解説

せんしゅう【選集】

多くの作品、あるいは個人の作品からいくつかえらび集めて作った書物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

選集

1人の著者か複数の著者かを問わず,多くの著作から代表的なものを選び収録した図書.1著者の著作に限定したものは個人選集あるいは著作集と呼ばれる.1冊または同一体裁の複数冊で刊行される.「アンソロジー」は選集一般と同義にも使われるが,特に,一定主題形式の文学作品の選集,あるいは美しい詩や文章の抜粋集を指すことが多い.後者の場合は詞華集(しかしゅう)ともいう.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えらび‐あつ・める【選集】

〘他マ下一〙 えらびあつ・む 〘他マ下二〙 多くの中から抜き出して、一つ所に寄せ合わせる。編集して書物をつくる。あつめえらぶ。えりあつむ。
※書紀(720)斉明五年三月(北野本訓)「阿倍臣、飽田(あきた)・渟代(ぬしろ)二郡の蝦夷(えみし)二百四十一人〈略〉胆振鉏(いふりさへ)の蝦夷二十人を一所に簡集(エラビアツメ)て大饗(みあへ)たまひ祿(もの)賜ふ」

せん‐しゅう ‥シフ【選集】

〘名〙 ある人の全著作の中から、代表的なものや、ある基準のもとに選び出し編集した書物。また、さまざまな詩歌や小説などの中から、選者が選んだものを掲載した書物。
※夜航余話(1836)下「これを選集に入られたるはあやしむべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

選集の関連情報