零砕(読み)れいさい

精選版 日本国語大辞典「零砕」の解説

れい‐さい【零砕】

〘名〙
① (━する) 落ちてくだけること。また、そのもの。〔白居易‐題州北路傍老柳樹詩〕
② (形動) きわめてわずかなこと。非常に細かいこと。些細でつまらないこと。また、そのものやそのさま。おちこぼれ。はした。
自由之理(1872)〈中村正直訳〉二「自ら全体の知識と称するもの、その実は零の知識なるものにして」 〔旧唐書‐懿宗紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android