コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧唐書 キュウトウジョ

大辞林 第三版の解説

きゅうとうじょ【旧唐書】

くとうじょ【旧唐書】

中国の正史の一。唐の歴史を記した書。紀伝体。二〇〇巻。五代後晋こうしんの劉昫りゆうくらの撰。945年に成立。宋代の「新唐書」と区別するための称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旧唐書
くとうじょ

唐書」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

旧唐書
くとうじょ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旧唐書の関連キーワード胆は大ならんことを欲し心は小ならんことを欲す善悪の報いは影の形に随うが如し春蘭秋菊俱に廃すべからず春蘭秋菊倶に廃すべからず桑楡且に迫らんとす二十二史箚記笑中に刀あり二十二史考異血で血を洗う犬上御田鍬漢書芸文志十七史商榷竹渓の六逸市井の徒五行大義高階遠成粟田真人二十二史唐才子伝胆大心小