電信電話債券(読み)でんしんでんわさいけん

世界大百科事典 第2版の解説

でんしんでんわさいけん【電信電話債券】

日本電信電話公社(現,日本電信電話(株))が電話施設等の拡充に要する資金を調達するために発行する債券。略称電電債。電信電話債券には,公募の特別電信電話債券,政府保証電信電話債券(政府保証債の一種),非公募の受益者負担(加入者引受け)電信電話債券,都市銀行・地方銀行引受けの縁故債券,資金運用部および簡易保険引受けの政府引受債券(これも縁故債の一種)がある。一般に電電債と呼ぶときは受益者負担電信電話債券を指す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

でんしんでんわ‐さいけん【電信電話債券】

〘名〙 旧日本電信電話公社が発行した債券。公募のものと非公募のものがあり、公募には政府保証がついていて、また非公募のものは電話加入者が強制的に買わされる加入者負担電電債と関連企業などが引き受ける縁故債とがあった。電電債。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android