差金(読み)サキン

デジタル大辞泉の解説

さ‐きん【差金】

差し引きした残り金額差額

さし‐がね【差(し)金】

(「指矩」とも書く)まがりがね。かねじゃく。
歌舞伎小道具の一。作り物の蝶(ちょう)・鳥・人魂(ひとだま)などを操るための黒塗りの細い竹ざお。先端に針金をつけ、これに作り物を取り付ける。
操り人形で、人形の腕や手首・指を動かすために用いる細長い棒。
3から転じて》陰で人に指図して操ること。「有力者の差し金で動く」

さし‐きん【差(し)金】

内金(うちきん)。手付け金。
不足を補うために出す金。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さしがね【差金】

操(あやつ)り人形の手首や指を動かすため,人形の腕の中にさし入れておく細い鉄棒をいう。人形の指先に糸をつけ棒にまとわせ,人形遣いが棒を操作して指を動かす。文楽の人形では左手に用いる。また,歌舞伎の小道具で,おもに小動物を動かすときに用いる棒も差金という。黒塗りの竹棒で,しなうように針金をつけ,そのさきに小道具の動物をつけて,後見(こうけん)が手に持って動かす。《鏡獅子(かがみじし)》の蝶,《関の扉(せきのと)》の鷹などが例。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さ‐きん【差金】

〘名〙 ある金額から他の金額を差し引いた残りの金額。差し引きの金額。差額。
※民事訴訟法(明治二三年)(1890)七〇五条「其入札価額と次位の入札価額との差金を負担する義務あり」

さし‐きん【差金】

〘名〙
① 代金の一部として前もって支払う金。内金。手付金。差銀。さしがね。
※歌舞伎・御国入曾我中村(1825)四立「サ、だんだん差(サ)し金(キン)して残金六十両遣はせば」
② 江戸時代、錦絵の出版にあたって、絵師が彫師の代金の一部または全部を負担すること。→差し上げ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の差金の言及

【歌舞伎】より

…〈消え物〉の一種。 差金(さしがね)小道具の一種。主として鳥,蝶などの小動物を動かすために使う棒。…

【人形浄瑠璃】より

…人形の手は物を持つことができないので,右手首にU字型の指革に人差指を差し込んで人形遣いが自分の五指で持つ。また左手には差金(さしがね)という棒がついていて,この差金にある小猿の左右を引くと手首や指が動き,左手が物を持つときには左遣いが左手で持って左手指のそばに持っていく。 人形の足は原則として男だけにつけ,女は裾さばきで歩く姿を見せる。…

※「差金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

差金の関連情報