コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電力線インターネット でんりょくせんいんたーねっと

3件 の用語解説(電力線インターネットの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

電力線インターネット

電力線に通信用の信号を流すPLC技術を応用し、既存の送電網を通信インフラとして利用するインターネット接続サービスのこと。プロバイダーには、既存の電力線を利用するため、新たに回線を設置するコストや時間を削減できるというメリットが、利用者には、コンセントPLCモデムを差し込み、パソコンに接続するだけでインターネットを利用できるというメリットがある。電力会社メーカーが実用化に向けて実験を繰り返しており、新しいブロードバンドのインフラとして注目されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でんりょくせん‐インターネット【電力線インターネット】

power line Internet》電力線を通信回線として利用し、インターネットに接続すること。またはそのサービス。電力線通信技術により、電力会社の送電網を通信インフラとする。数Mbpsから数百Mbpsの高速通信が可能。電灯線インターネット

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

でんりょくせんインターネット【電力線インターネット】

電力線を通信回線とする電力線通信技術を利用してインターネットに接続すること。コンセントに通信用アダプターを設置してパソコンなどと接続することで、インターネットや家庭内LANを利用できる。◇「電灯線インターネット」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電力線インターネットの関連キーワード電力線通信半二重通信名を流す高速電力線通信高速PLCデジタル通信電力線データ通信電力線搬送通信コルビノ効果標本化定理(通信工学)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone