コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子署名法 でんししょめいほう

3件 の用語解説(電子署名法の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

電子署名法

電子署名及び認証業務に関する法律」の略。電子署名の定義や利用方法、本人のものかどうかを確認するための方法などを定めた法律。2001年4月1日に施行された。インターネットを利用した商取引が増加する中、「なりすまし」などによるトラブルが多発し、電子署名に関する法整備が必要とされていたが、この法律の整備により、電子署名は手書きの署名や押印などと同等の信頼性を確立した。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

情報セキュリティ用語辞典の解説

電子署名法

正式名称は「電子署名および認証業務に関する法律」。署名や押印できないデジタル文書に対し、署名と同等の効力をもたせるために定義された法律。特定の技術に限定することなく、技術的には中立を保っているため、指紋などを利用したバイオメトリックス技術に基づく電子署名のようなものも該当する。

出典|教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)
情報セキュリティ用語辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電子署名法の関連情報