コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子署名法 でんししょめいほう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

電子署名法

電子署名及び認証業務に関する法律」の略。電子署名の定義や利用方法、本人のものかどうかを確認するための方法などを定めた法律。2001年4月1日に施行された。インターネットを利用した商取引が増加する中、「なりすまし」などによるトラブルが多発し、電子署名に関する法整備が必要とされていたが、この法律の整備により、電子署名は手書きの署名や押印などと同等の信頼性を確立した。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブランド用語集の解説

電子署名法

電子署名及び認証業務に関する法律。一定の要件を満たす電子署名に押印や手書き署名と同等の効力を認めている。

出典 (株)日本ブランド戦略研究所ブランド用語集について 情報

情報セキュリティ用語辞典の解説

電子署名法

正式名称は「電子署名および認証業務に関する法律」。署名や押印できないデジタル文書に対し、署名と同等の効力をもたせるために定義された法律。特定の技術に限定することなく、技術的には中立を保っているため、指紋などを利用したバイオメトリックス技術に基づく電子署名のようなものも該当する。

出典 教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)情報セキュリティ用語辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android