コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子署名 デンシショメイ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

電子署名

ネットワーク経由で送られてきたデータが、正当な相手から送信され、改ざん偽造されていないことを確認する方法。日本では、「電子署名及び認証業務に関する法律」によって、電子署名が紙の署名や押印と同等の法的効力を持つことが定められている。電子署名は、公開鍵暗号化方式を応用して作られ、文書に埋め込まれる。電子署名付きの文書を受け取ったユーザーは電子署名を検証することで、改ざんや偽造がされていない正当な文書であることを確認できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

知恵蔵の解説

電子署名

データがオリジナルであり、改変されていないことを示すため、データ中に埋め込まれる暗号化された特殊な情報のこと。電子署名は、オリジナルのデータから生成される。有効性をチェックする際は、再度データから電子署名を作成し、埋め込まれたものと一致するかを調べる。データが改ざんされた場合は、署名が一致しない。電子署名自体の改ざんを防ぐため、署名作成時には、電子証明書パスワードといった外部の情報を組み合わせて暗号化される。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でんし‐しょめい【電子署名】

電子的に作成された署名全般のこと。暗号技術などを用いて文書の正当性を証明するものをデジタル署名という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

電子署名【でんししょめい】

デジタル署名

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

農林水産関係用語集の解説

電子署名

電子的な文書に付与する、電子的な徴象であり、紙文書での印やサインに相当する機能を意図したものである。主に否認防止、偽造・改竄の防止のために用いられるもの。

出典|農林水産省農林水産関係用語集について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

でんししょめい【電子署名】

インターネットを通じてやり取りされるデータの正当性を保証するために用いられる電子的な署名の総称認証局が発行する電子証明書と合わせて、データの作成者が誰なのかを示し、データが改ざんされていないことを保証する。◇公開鍵暗号などの暗号技術を用いたものを特に「デジタル署名」というが、区別しないことも多い。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

でんししょめい【電子署名】

電子商取引などのネットワーク上のデータ交換で、本人であることを確認するための暗号化されたデータ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電子署名
でんししょめい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

電子署名の関連キーワードエレクトロニックシグネチャータイムスタンプ (電子文書)公開鍵暗号方式デジタルサインイントラネットインターネットシグネチャー電子納税申告電子認証業務ハッシュ関数電子サインハッシュ法電子商取引RSA暗号電力線通信電子署名法AOCE時刻認証GPKIGtoB

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電子署名の関連情報