電子黒板(読み)でんしこくばん

知恵蔵の解説

や図、イラストなど、ボード上に書き込んだ内容を電子変換することで、プリンタ出力やデータ保存、スキャン送信が可能となったホワイトボードのこと。
発売メーカーによっては「コピー黒板」「コピーボード」と名を変えるが、基本的な機能は同じである。ボード面は大別するとフィルム型、スチール型の2種類がある。フィルム型はホワイトボードがフィルム状になっていて、印刷ボタンを押すとボード(フィルム)が横に移動し、巻き取り部分にあるスキャナーがデータを読み込む。スチール型ではボード上をスキャナーが移動して情報を読み込む。フィルム型とスチール型の一番の違いは、スチール型であればマグネットではり付けた資料などボード上にある情報なら何でもまるごとスキャンして出力できる点である。それまではボード上の内容を残すには、メモを取るか、ボードごとカメラで撮影して写真として残すくらいしか方法がなかったが、この「コピーの取れるホワイトボード」があれば、板書漏れもなく、その場にいなかった大勢の人との情報共有も可能となる。
教育現場やオフィスで注目される電子黒板だが、中でもIT教育(最近ではICT=Information Communication Technologyと呼ぶことが多い)の最先端をゆく欧米の学校で導入されているのは「インタラクティブ・ホワイトボード」と呼ばれるものである。インタラクティブ(相互作用の、双方向の)という名の示す通り、プロジェクターなどを利用してホワイトボード上にコンピューター画面を投影できるだけでなく、タッチパネルと同様に、ボード上での操作(付属ペンなどを使用した黒板同様の書き込みなど)をコンピューター上に入力できるのが特長だ。機能面の類似上、いわゆるホワイトボード型だけでなく、大画面の液晶ディスプレイ型タッチパネルも「電子黒板」に含めることもある。いずれの形態であっても「インタラクティブ」タイプであれば一人ひとりがそれぞれコンピューターに向かうのではなく共有して学ぶことができるので、集団での交流やコミュニケーションが盛んになる。
麻生内閣時、経済危機対策の平成21(2009)年度大型補正予算に、ICT環境整備が盛り込まれたため、日本の公立小中学校でも電子黒板の導入が進んだが、現状は小中学校1校当たりに1台程度。しかも行政刷新会議が下した事業仕分けにより補正予算も廃止されたため、今後の活用については不透明な状況と言わざるを得ない。

(西村由起子 ライター / 2010年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

パソコンの画面を映せる大型ディスプレー。画面に直接触れて、字やを描き加えることもできる。映写機から投影するタイプもある。教育の情報化への対応として導入が検討され、2009年に国の景気対策事業の「スクール・ニューディール」構想で、補助金が出ることになり、広まった。東広島市でも09年度から導入。市は08年度初めに三ツ城小へ先行的に取り入れ、09年度には全校に1台ずつ整備した。それ以上の補充各校の予算でまかなう。

(2011-12-18 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典内の電子黒板の言及

【グループウェア】より

…後者の場合,その場で作成された資料をすぐに全員に配付し,それに共同で書込みをしながら議論することができる。また,大型の電子黒板(ワークステーションと同様の映像が見られる黒板大の大きさの表示装置)があれば,作成した資料を全員に見せながらプレゼンテーションを行うこともできる。また,会議室外のデータベース等とのネットワーク結合ができていれば,より多様な資料をその場で参照したり,作成したりできる。…

※「電子黒板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電子黒板の関連情報