コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電源立地等初期対策交付金 デンゲンリッチトウショキタイサクコウフキン

1件 の用語解説(電源立地等初期対策交付金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

でんげんりっちとう‐しょきたいさくこうふきん〔‐シヨキタイサクカウフキン〕【電源立地等初期対策交付金】

電源立地地域対策交付金の一部として、発電所や核燃料貯蔵施設などの建設計画がある都道府県市町村に交付される財政援助金。
[補説]発電用施設等の立地を契機とした地域おこしを支援する目的で平成11年(1999)に創設され、平成15年(2003)に電源立地促進対策交付金などとともに電源立地地域対策交付金に統合された。その後も電源立地等初期対策交付金相当部分として算定が行われている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電源立地等初期対策交付金の関連キーワード電源開発促進税電源開発促進対策特別会計電源三法電源立地地域対策交付金電源三法交付金原子力発電施設等立地地域長期発展対策交付金地域活性化対策研究機関や医療施設から出る低レベル放射性廃棄物県内の原子力マネー電源三法交付金制度

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電源立地等初期対策交付金の関連情報