電源立地等初期対策交付金(読み)デンゲンリッチトウショキタイサクコウフキン

デジタル大辞泉の解説

でんげんりっちとう‐しょきたいさくこうふきん〔‐シヨキタイサクカウフキン〕【電源立地等初期対策交付金】

電源立地地域対策交付金の一部として、発電所や核燃料貯蔵施設などの建設計画がある都道府県や市町村に交付される財政援助金。
[補説]発電用施設等の立地を契機とした地域おこしを支援する目的で平成11年(1999)に創設され、平成15年(2003)に電源立地促進対策交付金などとともに電源立地地域対策交付金に統合された。その後も電源立地等初期対策交付金相当部分として算定が行われている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android