電磁波シールド材料(読み)でんじはシールドざいりょう(英語表記)electromagnetic shielding material

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電磁波シールド材料
でんじはシールドざいりょう
electromagnetic shielding material

電磁波の漏れや侵入を防止し,電磁波を遮蔽するために開発された材料。警察無線,病院の ME機器,銀行のオンラインなどの電子機器は,外部からの電磁波により誤動作するおそれがあるので,今後広く利用されるであろう。電磁波を遮蔽する方法としては,フェライト,ニッケルなどの導電性粉体・繊維を機器部品材に付着させ被覆する方法が主流であるが,機器全体を電磁波シールド材料でつくった部屋に置く場合もある。軟磁性のソフトフェライトは,電磁波吸収体として遮蔽壁に用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android