震源域(読み)シンゲンイキ

大辞林 第三版の解説

しんげんいき【震源域】

地震波が最初に発生した地球内部の領域。地震により生じた断層の範囲とほぼ同じ。 〔特に大規模地震の場合、地震波が発生する場所は点ではなく広い範囲にわたることから、震源に代わり用いられるようになった〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんげん‐いき ‥ヰキ【震源域】

〘名〙 地下における地震の発生した区域。→震源

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の震源域の言及

【地震】より


[震源]
 地震の直接の原因である岩石の急激な運動は,岩石の破壊によって起こる。この破壊が生じた領域を震源域という。地震波は震源域全体から発生する。…

※「震源域」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

震源域の関連情報