コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

震源域 シンゲンイキ

2件 の用語解説(震源域の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんげん‐いき〔‐ヰキ〕【震源域】

地震波を発生する領域。地震の際にずれ動いた断層を囲む範囲と考えられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんげんいき【震源域】

地震波が最初に発生した地球内部の領域。地震により生じた断層の範囲とほぼ同じ。 〔特に大規模地震の場合、地震波が発生する場所は点ではなく広い範囲にわたることから、震源に代わり用いられるようになった〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の震源域の言及

【地震】より


[震源]
 地震の直接の原因である岩石の急激な運動は,岩石の破壊によって起こる。この破壊が生じた領域を震源域という。地震波は震源域全体から発生する。…

※「震源域」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

震源域の関連情報