コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊枢 れいすう

百科事典マイペディアの解説

霊枢【れいすう】

黄帝内経(こうていだいけい)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

れいすう【霊枢】

中国最古の医書。「素問そもん」とともに「黄帝内経こうていないきよう」を構成する。鍼灸しんきゆうの実際的な臨床医学について述べたもの。「素問」に比して内容が新しく、体系的に整理されている。 → 黄帝内経

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霊枢
れいすう

黄帝内経」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

霊枢の関連キーワード渋江抽斎(儒医)気管支喘息鍼灸甲乙経竹中通庵多紀元簡経絡治療西村 晃服部範忠饗庭東庵渋江抽斎神田玄泉金元医学顧鑑古范あんま臓腑説医学館人相素問

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android