コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枢軸 スウジク

デジタル大辞泉の解説

すう‐じく〔‐ヂク〕【枢軸】

《「」は戸の枢(くるる)、「」は車の心棒》
物事の中心となる部分。「枢軸産業」
政治や権力の中心。「国の枢軸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すうじく【枢軸】

〔「枢」は開き戸を開閉する装置のこと、「軸」は車の心棒〕
物事の中心となる重要な部分。枢要。
政治機関・権力の中心。 → 枢軸国

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

枢軸
すうじく
Axis

国際関係のうえで親密な友好関係にあり、共同行動をとる国々をいう。たとえば、パリ‐ボン枢軸などとよばれる。このことばは、1936年10月イタリア外相チャーノのドイツ訪問の際にドイツ・イタリア両国の協力と共同行動を約し、ついで11月イタリア首相ムッソリーニが、ローマとベルリンを結ぶ垂直線を「枢軸」としてヨーロッパの国際関係が転回するであろう、と演説したことから有名になった。すでにハンガリーのゲンベシュ首相も1934年同じ枢軸ということばをベルリンとローマの線について使っていたが、このムッソリーニ演説以後ドイツ・イタリア関係についてローマ‐ベルリン枢軸という語が流行した。やがて両国の力関係にふさわしくベルリン‐ローマ枢軸という語になった。1940年9月の日本・ドイツ・イタリア三国軍事同盟の成立以後は日本を加えて東京‐ベルリン‐ローマ枢軸ということばが生まれ、さらに第二次世界大戦において日本・ドイツ側にたった交戦国は枢軸国とよばれた。[斉藤 孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

枢軸の関連キーワードユーゴスラビアのパルチザンR. セラノ・スニェルアルアラマインの戦いエル・アラメインの戦ベルリン・ローマ枢軸北京=ジャカルタ枢軸ローマ=ベルリン枢軸D. ミハイロビチベルリンローマ枢軸カサブランカ会談ギリシア抵抗運動F. フェイトミハイロビッチ連合国共同宣言「圧制の拠点」自由フランスレジスタンス仏独協力条約ファシスタ党ミハイロビチ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

枢軸の関連情報