コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊犀 レイサイ

デジタル大辞泉の解説

れい‐さい【霊×犀】

《心と心が一筋通いあうのを、霊力があるとされる通天の角の、根元から先端まで通う白い筋にたとえた唐の李商隠の「無題詩」から》互いの意志が通じあうこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れいさい【霊犀】

〔李商隠の詩「無題」による。霊力のある犀の角が根元から先端まで一本の穴があって両端が通じていることから〕
二人の心が通じあうことのたとえ。霊犀一点いつてんつうず。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

霊犀の関連キーワード両端

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android