コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青みず アオミズ

デジタル大辞泉の解説

あお‐みず〔あをみづ〕【青みず】

イラクサ科の一年草湿地自生。高さ30~50センチ、はみずみずしい緑色をしている。葉は卵形で縁に粗いぎざぎざがあり、対生。秋、淡緑色の小花が集まって咲く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あおみず【青みず】

イラクサ科の一年草。湿った林内に自生。高さ20~30センチメートル。茎は軟らかく多肉で、長い葉柄のある卵形の葉を対生。秋、葉腋に短い花穂をつけ、淡緑色の雌雄の小花を混生。若い葉・茎は食用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

青みずの関連キーワードイラクサ科食用多肉雌雄混生葉腋

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android