青味だいこん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

青味だいこん[根菜・土物類]
あおみだいこん

近畿地方、京都府の地域ブランド
京都市で生産されている。江戸時代後期の文化・文政年間(1804年〜1830年)に現在の中京区西ノ京で出されたらしい。から主に祝儀用として使用され、青味の多いものが珍重される。京の伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android