青味だいこん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

青味だいこん[根菜・土物類]
あおみだいこん

近畿地方、京都府の地域ブランド。
京都市で生産されている。江戸時代後期の文化・文政年間(1804年〜1830年)に現在の中京区西ノ京で作出されたらしい。昔から主に祝儀用として使用され、青味の多いものが珍重される。京の伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android