青塚・青冢(読み)せいちょう

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 青い苔(こけ)のはえた塚。苔むした墓。せいちょ。
※本朝文粋(1060頃)一三・為左大臣供養浄妙寺願文〈大江匡衡〉「丹丘青塚、忽具如来之真色
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「歩み疲れては、青塚(セイチャウ)の下に立在(たたずみ)」 〔杜甫‐詠懐古跡詩〕
[2] 中国の漢代、匈奴の単于(ぜんう)に嫁した王昭君の墓。内モンゴル自治区中央部のフフホト(呼和浩特)市南郊の黒河岸にあり、周囲の白い草と違ってこの塚の草だけが青かったという。〔王昌齢‐箜引〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android