コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青白塩 せいはくえんqīng bái yán

世界大百科事典 第2版の解説

せいはくえん【青白塩 qīng bái yán】

中国,黄河オルドスの内陸乾燥地の湖でとれる塩。陝西と寧夏の境域,塩州五原付近には,烏池(うち),白池など多数の内陸塩湖があり,その色合いから青塩,白塩と呼ぶ良質の塩を産した。唐から宋初にかけて,この一帯に住むタングート(党項)族はこれを中国向けの主要な貿易品としてきた。10世紀後半,中国を統一した宋は,全国的な塩の専売実施の必要から,青白塩の流入を禁止したが,この措置はタングート族が団結して宋に敵対する原因となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青白塩の関連キーワード塩池

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android