陝西(読み)センセイ

  • Shǎnxī

精選版 日本国語大辞典の解説

中国中北部の省。渭水流域を中心に北の黄土高原、南の漢水上流域からなる。省都西安。周以来唐に至るまでの約一千年間国都が置かれ、漢民族の活動の中心地として栄えた。綿花・麦などの農牧業地で、地下資源も豊富。宝鶏・咸陽・銅川などの都市がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

中国中北部の省
首都は西安。古く関中・関内と呼ばれた。山地は多いが,関中盆地は古くから肥沃で,戦国時代からまでは長安(現在の西安)がたびたび首都となって栄えた。五代・宋以後は,異民族の侵入やまた南方発展のために衰退した。明末の李自成の乱,現代では毛沢東の延安政権の拠点となった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陝西の関連情報