青砥藤綱摸稜案(読み)あおとふじつなもりょうあん

精選版 日本国語大辞典の解説

あおとふじつなもりょうあん あをとふぢつなモリョウアン【青砥藤綱摸稜案】

江戸後期の読本。二編、各五巻。曲亭馬琴作。葛飾北斎画。文化九年(一八一二)、江戸、平林庄五郎等刊。青砥藤綱の名裁判によって事件が解決される形式をとる読み物。歌舞伎の「青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)」はこれに基づく。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報