コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青空市場 あおぞらいちば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青空市場
あおぞらいちば

消費者団体が農業協同組合などの生産者団体とタイアップし団地広場などを利用して農産物を直接取引する仕組みをいう。中央卸売市場へ持込むほどの量を出荷できない小生産者にとっては,自家消費の余剰分を現金に換えられるし,一方消費者も仲介機関を経ないで割安で買える利点がある。農業団体市町村補助金を出して積極的に育成しようという動きが各地で起っているが,問題は小生産者グループの農産物出荷をいかに恒常的に維持し,出荷先とコンスタントに契約できるかという点にある。なお,生協組織が発展して常設の店舗を有する地域も多く,野外での販売会は少くなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あおぞら‐いちば〔あをぞら‐〕【青空市場】

屋外に設けられた市場。青空市。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

青空市場の関連キーワードファーマーズマーケットモートンインマーシュ永島敏行(業務提携)大阪府泉佐野市新町ボードニク広場消費者団体松田芳子屋外商店

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青空市場の関連情報