コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央卸売市場 ちゅうおうおろしうりしじょう

7件 の用語解説(中央卸売市場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中央卸売市場
ちゅうおうおろしうりしじょう

野菜,果実,魚類,肉類などの生鮮食料品やそのほか一般消費者が日常生活の用に供する食料品の卸売りをするため卸売市場法 (昭和 46年法律 35号) に基づき農林水産大臣の認可を受けて (8条) ,地方公共団体が開設する卸売市場

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中央卸売市場

青果や花卉(かき)、水産物、食肉を販売するため、都道府県や人口20万以上の市が農林水産大臣の認可を得て開設、運営する。現在、全国84市場(うち県内2)あるが、より規模が小さく、都道府県知事が開設を許可する地方卸売市場(全国1304、うち県内34、04年4月1日現在)に比べて取引規則が厳しく、他市場の業者との取引や小売りが制限されている。一方、買い手間の競争が激しく高い値が付きやすいため、荷が集まりやすいとされる。昨年3月、農林水産省は「中央卸売市場整備計画」を策定し、「再編措置への取組を推進することが必要」な中央卸売市場としてとりわけ低迷している11市場を指定した。九州・山口では、下関のほか福岡市中央卸売市場東部市場、佐世保市中央卸売市場干尽市場(花卉部門のみ)が対象となった。

(2006-05-27 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅうおう‐おろしうりしじょう〔チユウアウおろしうりシヂヤウ〕【中央卸売市場】

都道府県あるいは人口20万人以上の都市が農林水産大臣の認可を受けて開設する卸売市場。全国40都市に67市場がある(平成27年度現在)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中央卸売市場【ちゅうおうおろしうりしじょう】

中央卸売市場法(1923年)に代わって制定された卸売市場法(1971年)に基づき,大都市とその隣接地に設けられる魚類,肉類,青果物など生鮮食料品の卸売市場で,農水大臣の認可を受けて開設される。
→関連項目公設市場

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

中央卸売市場

 卸売市場法による生鮮食品市場の一つ.20万人以上の人口のいる都市で地方公共団体により開設される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうおうおろしうりしじょう【中央卸売市場】

大都市で消費される生鮮食料品の売買を公正かつ迅速に行うために設けられる卸売市場。卸売市場法に基づき、地方公共団体が開設する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中央卸売市場
ちゅうおうおろしうりしじょう

卸売市場法(1971年)に基づき、都道府県や政令指定都市などが主として大都市に設ける卸売市場をいう。卸売市場は、野菜、果実、魚類、肉類、卵などの生鮮食料品の取引の適正化とその生産および流通の円滑化を図る卸売拠点をいう。取引は、卸売業者(集荷を担当する荷受問屋)と仲卸業者(中間商人)、売買参加者(加工業者、大口消費者など)との間でせり売りまたは入札により行う。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中央卸売市場の言及

【卸売市場】より

…明治末年以後,そうした不正は,単に生産者・消費者の不利益となるだけでなく,安価な労働力によって国際市場に参入しようとしている日本資本主義そのものにとって弊害であり,近代的卸売市場制度の確立が急務であるという論議が盛んになる。とくに,1918年に発生した米騒動への対応策として,時の政府は,食料品価格の引下げ・安定化を図るために,食料品を中心とした小売店の集合施設である公設小売市場の建設を進めるとともに,小売市場への配給の円滑化と卸売価格引下げの目的をもって,中央卸売市場構想を打ち出す。それが,23年に〈中央卸売市場法〉として成立し,以後,27年の京都市に始まり,高知市(1930),横浜市,大阪市(ともに1931),神戸市(1932),東京府の築地,神田,江東の3市場,鹿児島市(ともに1935)と,各地に中央卸売市場が建設されていく。…

※「中央卸売市場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中央卸売市場の関連キーワード花卉花卉園芸大水食肉水産物青果天産物水産物の調整保管ノースイ東京青果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中央卸売市場の関連情報