静内御殿山遺跡(読み)しずないごてんやまいせき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

静内御殿山遺跡
しずないごてんやまいせき

北海道日高郡新ひだか町静内目名(しずないめな)にある縄文時代後期末~晩期初頭の積石(つみいし)墳墓群遺跡。静内川河口から北方約4~5キロメートルの標高25~28メートルの台地上に立地する。1952年(昭和27)に発見されて以来1965年まで藤本英夫らにより約80基の土壙墓(どこうぼ)が発掘された。形状は円形、楕円(だえん)形で、上に人頭大の石を積み上げている。副葬品としては土器、石棒、石斧(せきふ)や櫛(くし)、弓なども出土している。[野村 崇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android