野村(読み)のむら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野村
のむら

愛媛県南西部,西予市中央部を占める旧町域。肱川上流部の宇和川およびその支流域にある。 1922年町制。 1955年渓筋村,中筋村,惣川村の3村および貝吹村,横林村の一部と合体。 2004年4月明浜町,宇和町,城川町,三瓶町の4町と合体し西予市となった。東西に細長く,周辺山地は明治以来の造林美林が多い。中心集落の野村は泉貨紙発祥地で,コウゾミツマタ集散地であった。生糸工場や乳製品工場があり,南予集約酪農指定地域の中心。養蚕と乳牛飼育,キュウリ栽培および林業が行なわれる。東部の大野ヶ原カルスト台地は四国カルスト県立自然公園に属する標高 1100~1400mの高原。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野村
のむら

愛媛県南西部、東宇和郡にあった旧町名(野村町(ちょう))。現在は西予市(せいよし)の中央部を占める一地域。1922年(大正11)町制施行。1955年(昭和30)中筋、渓(たに)筋、惣川(そうがわ)の3村と合併。2004年(平成16)、西宇和郡の三瓶(みかめ)、東宇和郡の明浜(あけはま)、宇和、城川(しろかわ)の4町と合併して市制施行、西予市となる(なお、この合併により東宇和郡は消滅)。旧野村町は肱川(ひじかわ)の上流に位置し、国道197号、441号が通じる。中心の野村は野村盆地を占め、中世には豪族野村殿宇都宮(うつのみや)氏の領地であった。中世に仙貨紙の創始をみ、宇和島藩の特産品として泉(仙)貨方役所が置かれた。明治中ごろから養蚕が発達し、桑園が多く、2000年には年間0.7トンの収繭量をあげ、シルク博物館がある。酪農、タバコ、キュウリの栽培も盛ん。高知県境の大野ヶ原は四国カルスト台地の一部で、第二次世界大戦後の入植者の開拓と、1971年度(昭和46)に始まった国営草地開発事業によって酪農業が発達した。カルスト台地は四国カルスト県立自然公園となっている。[横山昭市]
『『野村郷土誌』(1964・野村町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の野村の言及

【集落】より

…集落は地表における人間居住の本拠であるから,一般に自然災害や外敵に対し安全で,水や食糧を得やすいなど,人間の居住に適する場所に成立する。集落がどのような場所に位置するかを集落立地といい,村落の場合はその立地位置により平野村(野村)または平地村(平場村),山村,臨海村(海村,海端村)に分けられる場合もある。
[集落形態]
 集落形態は,集落を構成する家屋の形態とその配置,居住パターン,耕地と家屋との関係,土地割,道路網などの要素が,民族の生活様式や,その自然環境に応じた居住様式により,さまざまな集落景観として表出したものであり,地域によりさまざまな特色を示す。…

※「野村」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野村の関連情報